イソフラボン

バストアップサプリに多く含まれている「イソフラボン」が胸に良い理由を解説します。効果的な摂取方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

イソフラボンが胸に良いと言われる理由

イソフラボンの豊富な大豆の画像

大豆に多く含まれているイソフラボンもバストアップを代表する成分のひとつ。

イソフラボンは大豆やくずなどのマメ科の植物に含まれているポリフェノールの一種で、乳腺の発達に欠かせない、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きを持っています

エストロゲンは、通常、乳腺細胞にあるエストロゲン受容体と結びつくことで増殖します。イソフラボンもエストロゲン受容体とくっつきエストロゲンのような働きをするため、乳腺が発達するという仕組みです。

女性ホルモンは2種類ありますが、エストロゲンは女性らしい体つきをつくる働きがあり、ふっくらとした魅力あるバストづくりに貢献してくれるのです。

このように、女性ホルモンを活発にさせる効果が期待できるため、イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも言われています。

美肌づくりや女性ならではの悩みにも応えてくれる!

バストアップ効果のほかにも、女性にとって嬉しい効果がいっぱい。

女性ホルモンの分泌が安定するため、女性特有のサイクルで起こりがちなPMSや生理不順、更年期障害の症状緩和も期待できると言われています。

女性ホルモンは、加齢とともに体内から失われていくものなので、予防のためにイソフラボンを活用しておくというのも手かもしれませんね。

もうひとつ、大きな特徴と言えば美肌効果です。これはもうご存知の方がほとんどですね。

イソフラボンは色々な健康・美肌サプリに含まれていて、その効果は立証済み。

イソフラボンには、細胞の老化を食い止める抗酸化作用や、肌の弾力を保つコラーゲンの分解を防ぐ働きがあるため、摂取することでハリのある美肌を目指せるのです。

イソフラボンを効果的に摂るには?

こんなに嬉しい効果がいっぱいのイソフラボンですが、食品安全委員会などの調べによると過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼす恐れもあるとのことで、摂取量には注意が必要です。

体に安全とされる1日の摂取量は70~75mgだそう。これは、きな粉なら20g程度、納豆なら1パック、豆腐なら半丁くらいに相当するのですが、意外に少ないですよね。

でも、これらの食べ物が好きでたくさん食べたいという人は、8時間くらい間隔を開けて摂ると成分量が半減するので過剰摂取を軽減できるそうですよ。

本腰入れてバストアップしたいという人には、やはりイソフラボンが入ったサプリメントを活用するのがおすすめ。食事からだけでは安定して摂取しにくいイソフラボンを、効果的に摂り入れることができますよ。

この記事の関連のページ