バストアップサプリ辞典 » 身近な食材で美乳になる!胸を大きくする食べ物

身近な食材で美乳になる!胸を大きくする食べ物

バストアップ効果の高い食材を一挙公開!胸を大きくする成分を多く含む食べ物を厳選してご紹介します。「唐揚げやキャベツが良いって本当?」といったバストアップ都市伝説の真相も明らかに!

胸を大きくする食べ物で効率よくバストアップを!

バストアップに良い食べ物は色々ありますが、なかには俗説的なものもあり「本当に効くのか分からないけれど、とりあえず食べている」という人も多いようです。

バストアップに効くと言われているのは、乳製品はもちろんのこと豆腐やキャベツ、唐揚げ、ザクロ、ブドウなどたくさんあり、テレビや雑誌等でも「胸が育つ食材」として取り上げられていますが、果たして本当に効果があるのでしょうか

食べ物とバストアップが関係している理由

バストの周りの脂肪は乳腺を保護するようについているため、乳腺が発達すれば自然と脂肪がつき、バストがふくよかになります

ですから、乳腺の発達を促す栄養素を含む食べ物を食べることで、バストアップが期待できるというのは事実です。乳腺の発達を促すためには女性ホルモンのエストロゲンの作用を促す食べ物を効率よく摂ることがポイントとなります。

乳腺の発達に良いと言われる栄養素と食材

エストロゲンの作用を促す働きを持つ栄養素と、その栄養素を豊富に含む食材は次の通りです。

栄養素 含まれる食材 働き
イソフラボン 大豆、豆乳、豆腐、枝豆、納豆、ブラックコホシュなど 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持ち、乳腺を発達させます。1日の必要摂取量は70~75g。豆腐半丁くらい、豆乳200mlパック一本くらいに相当します。
ボロン キャベツ、レーズン、りんご、ぶどう、昆布など キャベツなどに含まれる栄養素で、エストロゲンの分泌を増やす働きがあります。1日に必要な摂取量は400μg。キャベツ一玉に相当します。
ビタミンE アボカド、アーモンド、煎茶、うなぎ 血行促進をサポートする働きがあり、栄養素が乳腺に行き届くようになります。女性ホルモンも活性化されます。1日に必要な摂取量は8g。ホウレンソウ2束、豆腐6丁、かぼちゃ1/4個に相当します。
ビタミンB チーズ、うなぎ、レバー、大豆、牛乳、卵、ホウレンソウ エネルギーの代謝に働きかけ、ホルモンバランスを整える作用を持っています。ビタミンBは8種類あり、バランス良く摂取するのが良いですが、育乳に良いと言われているのはビタミンB2です。胸を支える大胸筋を強化しながら上向きバストを維持します。
たんぱく質 鶏肉、まぐろ、チーズ、牛乳、ヨーグルト、大豆、納豆、枝豆、豆乳など 骨や筋肉の維持に欠かせないもの。大胸筋をつくるためにも必要な成分です。たんぱく質は、動物性と植物性の2種類あり、バランス良く摂ることが大切です。ただし、太りやすい体質の方は植物性たんぱく質をしっかり摂るように心掛けましょう。1日に必要な摂取量は体重を「g」に換算した量です。50kgの人なら50g(鶏肉200g相当)が必要になります。

バストアップに良い飲み物

体内からのバストアップというと、食べ物が注目されがちですが効果が期待できる飲み物もあります。イソフラボンを豊富に含む豆乳はもちろんのこと、ココア、ハトムギ茶、飲むヨーグルト、お水もバストアップに良い効果をもたらすと言われています。

確かに、人の約60%は水分でできていますし、飲み物もかなり重要ですよね。食べ物だけでなく飲み物にもこだわれば、より理想のバストに近付けそうですね。

サプリメントも活用しよう!

イソフラボンやタンパク質は、普段の食生活を意識すれば十分摂取できそうですね。でも、ビタミンEやボロンなどは毎日十分な量を摂取するのは難しいところ。

食事や飲み物を気遣うとともに、バストアップサプリメントも活用していけば、より良質なアプローチができます。何にしても三日坊主では意味がありません。毎日楽しく取り組みながら、コツコツと乳活に励みましょう!