30代

胸のハリが失われ始める30代が取り入れたい、効果的なバストアップ方法をご紹介します。年齢に適したバストケアで衰え知らずの美乳をキープしましょう。

30代が憧れる美乳芸能人は?

最近では、30代を過ぎても若々しく、美しい女性は増えていますよね。しかし、女性の場合、20代半ばに入ると女性ホルモンの分泌や肌のハリを保つコラーゲン等の保湿成分の生産量が減少していくため、肌のハリが失われていきます。

胸も同様です。何もケアしなければハリや弾力が失われ、サイズも小さくなってしまうのです。

30代女性が憧れる美乳芸能人といえば、福山雅治さんとの結婚で話題となった吹石一恵さんや、篠原涼子さんなどでしょうか。

篠原涼子さんは2児の母でありながら美しいバストを維持されていて素晴らしいですよね。むしろ、年齢を重ねるにつれて女性としての魅力が増しているように感じられます。

お二人のように美しいバストラインをキープするためには、バストのケアが必要不可欠。独身女性にとっては、まだまだこれから!という時期ですし、女性らしさを失わないためにも日々の努力は欠かせません。

30代に入ると女性ホルモンの分泌が減少していくため、胸もハリがなくなってきたり、カップが小さくなったり、以前よりも下垂が気になったりと様々な変化が訪れます。

出産を経験して授乳をするのも30代が最も多いですし、授乳を経て胸がしぼみ、デコルテが貧弱になるなど、以前はなかったコンプレックスを持つようになる方もいらっしゃいます。

多くの方は「年だから仕方ない」「今更、胸を大きくするなんて無理」と諦めてしまいがちですが、30代からでもバストアップは可能なのです。

30代がバストアップで注意するべきポイント

30代を過ぎてからバストが小さくなる原因は明らか。女性ホルモンの分泌が少なくなることで、胸が小さくなってしまうのです。

ということは、女性ホルモンの分泌を増やしていけばいいのです。女性ホルモンの分泌を増やすにはいくつか方法がありますが、効果的と言われているのは大豆製品に含まれるイソフラボンを摂取すること。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持つためバストアップには大変有効なのです。

さらに、イソフラボンよりも高い効果が期待できるとされているのがプエラリア配合のバストアップサプリです。プエラリアは、イソフラボンよりも強力な作用を持っているため副作用の心配もありますが、品質が確かなプエラリアを使ったサプリを適正な量で(1日あたり100mg)摂取すれば、サイズアップも期待できます。

また、出産や授乳を経た女性の悩みと言えばバストの下垂です。胸が垂れないようにするためには、バストを支える大胸筋の衰えを防ぐことも大切。食事で胸に良い体内環境を整えると同時に、バストアップマッサージやエクササイズも行っていきましょう

子供を産んでも美バストを持続する
バストアップサプリを見てみる
おっぱいを大きくしながら
ツヤ肌を手に入れるバストアップサプリはこちら

この記事の関連のページ