バストアップサプリ辞典 » 年齢別!バストのお悩み解決法

年齢別!バストのお悩み解決法

10代と50代ではバストアップ法が違うことをご存知ですか?年齢に合ったバストアップが必要な理由と、各世代のバストの傾向をご紹介します。

バストアップは年齢に合った正しい方法で行わないと意味がない!

バストの大きさは女性ホルモンの分泌量に大きく左右されるため、年齢によってバストの悩みも異なる傾向にあります。現に、日本人のバストの平均調査によると、年齢が重なるにつれてトップのサイズが小さくなり、アンダーが大きくなるという結果がでています。

具体的には年代別に次のような平均値が出ています。

年代 トップ アンダー
19歳以下 81.5cm 70.2cm
20~29歳 81.5cm 69.9cm
30~39歳 81.4cm 71.4cm
40~49歳 84.5cm 74.5cm
50~59歳 85.9cm 76.2cm
60歳以上 74.8cm 88.0cm

このように、胸のサイズは少しずつ変化が出始め、年齢を重ねるにつれて胸の形が変化していくことが分かります。なかでもガクンと見た目が衰えるのは40代。デコルテが貧弱になり、バストが垂れてしまうため、自信をなくしてしまう人も少なくないようです。

ですから、10代女性のバストアップと、50代女性のバストアップとでは、アプローチの仕方を変える必要があるのです。

バストアップ、各年代の共通ポイントは

年代によって理想の体型はそれぞれ異なると思いますが、バストアップの方法を間違えてしまったり、粗悪なバストアップサプリを使ってしまうと体調を崩してしまう恐れもあります。

各年代に共通して言えるのは、年齢に適したバストアップ法を正しく理解し、毎日コツコツ努力することです。バストアップに必要不可欠な女性ホルモンの分泌を促すために、日常生活では以下に注意しましょう。

サプリを飲んだからと言って今日明日で急激に胸に変化が表れるわけではないので、日々の生活の中でもバストアップを意識して、焦らず乳活に励み、自信が持てる美乳を目指していきましょう。