副作用ってあるの?

簡単にバストアップができると、最近人気になってきているバストアップサプリですが、場合によっては副作用が起こることも…正しい飲み方を知り、健康的な乳活に励みましょう!

飲み方に注意!バストアップサプリに潜む副作用の危険

毎日飲むだけで、育乳が期待できるサプリメント。とても簡単にバストケアができるのはありがたいことですが、サプリメントによっては信頼出来るものと出来ないものがあることをご存知ですか?

サプリを活用して数カップUPしている人もいれば、吐き気体調不良といった副作用に悩まされている人もいるのです。この差は一体何なのでしょうか?

それは、ニセモノのプエラリアが含まれていたり、必要以上のプエラリアが入っていたり、正しい飲み方をしていなかったりするから。

これは、バストアップサプリに限らずほかの美容サプリなどでも言えることですが、品質選びと飲み方を間違えてしまうと体に悪影響を与えてしまうのです。

サプリメントで副作用を起こしやすいパターン

バストアップサプリは、おもに女性ホルモンの分泌を促し、乳腺の発達に働きかける、プエラリア、ブラックコホシュなどの成分を配合しています。

しかし、女性ホルモンの分泌が増えすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、生理不順、頭痛、生理痛、貧血、肌荒れ、倦怠感など、さまざまな症状が起こるようになります。

特に、日本ではプエラリアの上限摂取量が決められておらず、規制もないため、飲む前に常識的な配合量かどうか、チェックするとよいでしょう(ちなみに、プエラリアの原産国タイでは、1日あたり100mgを摂取するのが良いとされています)。

バストアップサプリで副作用が起こりやすいパターン

サプリは信頼性で選ぼう

アレルギーに関しては体質的な問題ですし、報告されている件数も少ないようです。しかし用量を守らない人、信頼性の低いサプリを購入してしまった人が副作用を訴えるケースは依然多いようです。

もし、サプリを飲み始めて異変を感じたらすみやかに使用を中止しましょう。また、1日あたり2錠、3錠といったサプリメントの場合は、1日1錠からはじめて徐々に体に慣らしていくこともポイントです。

サプリメントは、続けて飲むものですから、できる限り安いものを選びたいという気持ちも分かりますが、まずは信頼性を一番に考えて選んでくださいね。

この記事の関連のページ